脱臭効果で臭い気にならない|オフィスや部屋を掃除して綺麗を保とう

男の人

亡くなった人の部屋を掃除

清掃道具を持つ女性

高齢化と特殊清掃について

昨今の日本においては、高齢化が進んでいます。すなわち、日本全国には1億3000万人が住んでいるといわれていますが、65歳以上の高齢者は一体何人いるのかというと、実に全人口の4分の1を占めます。この高齢化が年々進んでいて、独居生活をする高齢者が増えています。こうした中で孤独死が発生する数も多くなっています。孤独死の場合、その遺体が長時間放置されたままになるので、その部屋は異臭が強烈なものになっていきます。たいていは、周囲に住んでいる人がその異臭に気づいて、発見されることが多いのですが、そこで登場するのが特殊清掃という仕事です。異臭や病原菌や害虫が数多く発生することがあるので、そうした特殊な場所を清掃するプロが特殊清掃作業員というわけです。

業務内容と認定について

特殊清掃という仕事は上述したように遺体のあった場所をクリーニングすることが主な業務ですが、それだけではありません。いわゆるゴミ屋敷を清掃することも大切な業務のひとつです。ゴミ屋敷をそのまま放置していると、異臭とともに病原菌も発生して環境悪化につながります。そうしたことを防止するために、特殊清掃業務が求められています。このように、特殊清掃の業務ニーズがどんどん高まっています。そのためも資格認定が行われるようになりました。やはり、こうしたサービスは非常に専門性の高い仕事ですので、資格認定することで、業者間で専門技術や知識に差が出ないようにしようという試みが行われています。今後も、このようなサービスの需要が高まっていく見込みです。